ニキビのお話

ニキビについて

思春期のころはニキビに悩まされる方も多いようですが、最近では大人ニキビ、いわゆるニキビができる年齢でない30代40代の方もニキビで悩まされているようです。原因は色々な要因が絡まり、一つではなく、思春期の頃のように、過剰な皮脂分泌が原因ではないようです。
大人のニキビは複雑で、「乾燥しているのにニキビができる」といった方も多く、なかなか治らないのも特徴です。

 

ストレスの多い現代社会において、ホルモンバランスの崩れなども大きく関係しており、ひどい場合は顔だけでなく全身に広がる場合もあります。
それによりまたストレスもたまり、事態はどんどん悪化することに。
大人ニキビができにくくするために、ニキビのできにくい肌を作っておかなければなりません。
ニキビは一度できてしまったところに何度もできます。
要するに癖になるのが特徴です。次から次へとでてくるニキビを抑えるためにも、正しいスキンケアと、上手なストレス発散方法を見つけて、ニキビを治していくしかありません。

ニキビとセラミド

ニキビといえば、ほんどの方がアクネ菌を退治jするものや強い酸を使用した化粧品を使用しがちですが、大人にきびはこういったものでは治りません。
大人ニキビは、乾燥からきているものが多く、肌にバランスを整えてあげることが大切です。
そのためにもセラミドはかかせません。
「セラミドってアトピーだけじゃないの?」と思っている方もいますが、セラミドはあらゆる肌トラブルを防ぎます。
そして化粧品は「アトピーだから」「ニキビだから」といってわける必要はないのです。
きちんと肌の水分と油分のバランスを保てば、肌のトラブルは解消します。
そのためにもわざわざ化粧品をわける必要はありません。
ニキビで悩んでいるのであれば、セラミドの入った化粧品でスキンケアをしましょう。
そして絶対に乾燥させないことです。いまだにニキビは乾燥させると治りが早くなると信じている方もいますが、それは絶対にしてはいけないことです硫黄ローションやニキビ用ピーリングで乾燥させて、一時的に治ったように見えても、肌本来が強くなっているわけではないので再び再発します。
そうならないためにもしっかり保湿し、肌本来の自然治癒力を上げることが大切です。
強い肌を作るためにも、セラミドはかかせないアイテムなのです。