入浴方法

お風呂でデトックス

お風呂の中はリラックスできるのと同時に、一日の汚れを落とす大切な時間です。
お風呂をシャワーでさっと終わらす人が多い現代ですが、できるならお風呂にはゆっくり使って、リラックスしたいもの。
体を温めるのは、新陳代謝をよくし、寝つきもよくします。長時間入れば入るほどいいというわけではありません。5分だけでも入れば、血行がよくなり、肌の荒れなども早く改善します。
ですが一つ注意したいのは、お風呂に浸かる際は、必ずセラミド入りなどの入浴剤を使用すること。
湯船に浸かると体のセラミドは溶けだしてしまいます。
肌の潤いが逃げ出さないように、保湿効果の高い入浴剤でしっかり肌を保護しましょう。

湿疹やアトピーがひどい場合はお風呂に入ってもいいのか

お風呂はゆっくり浸かってリラックスすることをおすすめしますが、今現在湿疹やアトピーで悩んでいる場合は、お風呂には浸からない方がいいかもしれません。
アトピーや湿疹体質の方は、体を温めると、かゆみが増してしまうことがあります。
血行をよくすることが肌のトラブルを改善に導きますが、アトピーの場合は痒みもマシでしまうので、難しいところではあります。
ひどい場合はお湯だけでもシミる場合があり、重度の方はなかなか入浴することも難しいようですが、根気よく治療を続けるうちに、アトピーが完治した方もたくさんいます。
アトピー療法に関してのものは色々あって、コロコロと治療を変えてしまいがちですが、セラミドで肌のバリアを作り、保湿することが一番良い方法です。
自分にあったセラミドで、根気よく治療を続けていきましょう。

湿疹

湿疹おまた、ホルモンのバランスが崩れている証拠。
一度湿疹体質を引き起こしてしまうと、その後繰り返すようになってしまいます。
セラミドで、湿疹を再発させない強い肌を作ることが肝心です。
アトピーや湿疹ができるタイプの人は、一度洗濯洗剤やナイロン、麻などの繊維なども疑ってみる必要があります。
何をしても肌がよくならない場合は、アレルギー検査などを受けてみるのもいいかもしれません。
そして何より保湿が肝心なので、セラミドで毎日たっぷり潤いを与えるようにして下さい。